2018年2月18日日曜日

I have a cold.

京都から帰館と同時に体調総崩れ。
今日の朝まで体温38度台で、
咳、頭痛、悪寒、全身の痛みでひぃひぃ~な日々を。
ボクにはありえない食欲不振ってなことにも。
なにしろブログさえ「お留守」でしたからね。

どーにか回復傾向ってことで外飯に。
以前から友人と予定してたトンカツを。

店近くの駐車場に30分前に着、
「まだ早いからコーヒーでも」と厩橋サイド
『LEAVES COFFEE APARTMENT(リーブス コーヒーアパートメント)』で。
毎度のこと、ここの好感度高な接客には感心します。(写真は以前の再利用ので)
ケニアの酸味の強い豆を隅田の風に吹かれながら、、、

なんてね、へへ、、、


ドリップに以外と手間取り、走ってとんかつ屋に向かう。





帰路は丸の内で寄り道を。
好物のハード系を買いに「VIRON」に。


ここはメンズだけのリーブス コーヒーとは対極で、
エレガント女子だけによる接客販売が実に心地よい。
常に行列の店だけど、
バゲットを手渡されるときの微笑みに、オジさんはやられてしまいます。




2018年2月12日月曜日

Time travel

「蛸長」を後に先斗町の闇に向かう。
でも先斗町は溢れんばかりの人人人で、
バックパッカー風体のリュックを背負っていると難儀です。

いつものBARはやめて、
古い洋服箪笥の奥にある魔界の入り口のような洋食&BARに。
以前も書いたよね。
路地奥の、そのまた奥のどん詰まり、
調度品から酒や料理まで、何もかもが琥珀色の店なのね。

時が止まってます。


入店時はボク一人で、
カウンターには今ちょっと前まで居た先客の痕跡なのかな、
リキュールのボトルとグラスがそのままに。

無口な主人が珍しく「どこかでもう呑んできましたね」と口を開く。

(あっ、この人喋るんだ)

最初はブラックニッカをロックで、料理はビフカツとサラダをオーダーする。



二杯目はカナディアンクラブをソーダで割って。
料理はですね、けっして今の味ではないけれど懐かしい味。
たぶん自家製であろうサラダのマヨもソースのドミも昭和中期の味です。

酔いました。
帰るのもめんどくさいほどに。

EPA&DHA

昨日の京都行の新幹線では、
弁当ショップの「祭」で購入した大船軒の「アジの押し寿司」ですし、
京都では、
数日前に予約しておいた「末廣」の鯖寿司二本と磯巻きを購入する。
んで、とーぜん今日の朝飯は鯖寿司を。

ささやかな幸福なひと時なのね。
ああ、指先が酸っぱい、、、






ところで、京都の縁切り神社で見た絵馬はおどろおどろしい。
憎き相手の名前と住所、ときに写真まで張り付けて呪い倒しているのだもの。

少数派だが、「運の無さ」や「病気」「悪運」との縁切りを願うのもあるけど、
大半が「色恋沙汰」「夫婦の浮気相手」「別れた相手」「嫁VS姑」「会社での人間関係」
に対する恨みごと、、、
エグさ満載で身の毛もよだつものなのね。

心の中で中島みゆきが流れます。

もし自分の名の書かれた絵馬でもあったときにゃ、、、(ぎゃーっ)

でも、すんごーい人数の参拝者だもの。
順番待ちで一時間は必要かな。
儲かりますね、神社。

お札に願いを書き、ここをくぐってお札を張る。


I was full of happiness.


ヤボ用を済ませ、夕暮れ一歩手前の団栗橋を宮川町方面に渡る。
友人の彦十女史が常連の「蛸長」で、一人おでんな夕暮れを。
開店45分前に到着したら、すでに7人の先客がいた。


天気は良いがここは京都で御座います、
立ちんぼの身に静かに足元から寒さが上がってきます。
独りはボクだけですからね、交代でトイレにも行けずにガマンの内マタに。
PM5:30になり、順番で12人が一巡目で入店を。
その寒さこそ、おでんへの期待感を最高潮へと導いてくれまする。


熱燗がチロリで前に。
やばいよね、朝の新幹線から呑み続けているのにさ、
おでんの前に手酌でクイクイやっちゃいます。

一皿目のおでん降臨、
うっ、美しい、、、
思わず泣いてしまいそう。

まずは飛龍頭、大根、蕗から。


穏やかで知性あふれる店主と、強面だが最高なコンシェルジュ役の男性、
そしてときどき顔を出す女将のなんと福々しいことか。
二皿目に、蛸、湯葉、豆腐をチョイス。

マジかよ、言葉も出ねぇ、、、


このほか三皿目には宝袋に玉子と新玉ねぎを。
残念ながら海老芋は終わっていたけど、次の冬までのお楽しみってことで。
たった40分の滞在なのに、この幸福感って何だろう。
外に出たら30人ほどの行列ができていた。



新幹線まであと3時間。

Plain wood

人付き合いでちょこっと関西に。
同行者たちとはヤボ用時だけなので、せっかくだから京都を独りで歩く。
急に決まった旅でしたので、飯難民必至と諦めていました。
ただ、意外に一人は隙間に入りやすいサイズってこともありますので、
食べログの鮨店(京都市で)トップに予約電をしてみる。
「お一人様でしたら(予約を)お受けをできます」とのお返事を頂戴した。

ほーらね、らっきぃー、、、

んで、祇園の「鮨 忠保」を昼に訪ねる。

三連休の日曜日、祇園花見小路は大混雑です。
場外馬券に向かう車と外国人観光客でね。
店は一個目の路地を入り祇園又吉の対面にありまする。

んっまぁ、入ってびっくらけ、、、
内装全体は白木ですが、
欄間彫刻の施された木製氷冷蔵庫 、
天井や窓は組子細工の麻の葉で全体が覆われている。
このデコラティブさのセンスは数寄屋と対極、
なんだか新築の神社で食す鮨、ってな感じかな。

んで、二番手さんの顔で分かった修行先、
港区青山の「すし泉」ですね。
店主の修行先もそこだったとのこと。
食べれば分かる、確かにあそこの系統ですもの。





1時間ちょっと愉しんで次に。
基本の鮨は16,200円+お酒はビール2杯と一合徳利3本で、
昼ですから諭吉2枚ちょっとです。

ごっそさんでした。


2018年2月9日金曜日

Newcomer

豆助に、
「あれぇ、寒いからマスクを重ね付けですか」と指摘され、
すでにマスクを付けているのに気づかず、
うっかりもう一枚付けてた自分が少々心配。

悲しです。




今年初のヘッドスパに。

カットを終えてシャンプー&ヘッドスパとなり、
今日の担当は入ったばかりの新人男子だった。



(マジィ)



案の定、極太い指がおぼつかず迷走気味に頭皮を走る。
いつもなら5分以内で眠りに落ちるのが、
今日に限って睡魔が訪れないのね。
「君、ヘッドスパやるのボクで何人目?」と聞いたら、
「20人目ぐらいです、ハイ」と。

(だよね、、、)

25歳の転職組男子、
見た目は格闘家かボクサータイプのイカツイ系だが、話を振ると意外に素直。
誰でも最初はこんなもの。
んで、「お客様が、いつの間にやら眠りについたら本モンよ」と余計なアドバイスを。

途中で4年先輩Eくんに代わると、自然と身体がリラクゼーションの境地に達する。
思わずEくんに「こういうときにキミの成長が分かるねぇ」と褒めたげた。

(イ)ヤなジジィかな、ボク。


2018年2月4日日曜日

Beef Noodle

fbで知る、皆さん恵方巻食ってるんだね。
ちょっと驚いちゃった。
ここ最近だよね、関東でも家庭の行事になったのは。
イオンもセブンアンドアイも料理人とコラボしちゃってさ。

一日遅れで海苔巻きを求め四谷の「八竹」まで。
紫蘇のお新香巻きと大阪寿司の詰め合わせを購入し帰路に。


四谷消防署を曲がったところでフと気づく。
ウチのお得意さまの料亭から独立した人の店がこの辺だったこと。
名だたる懐石料理の店での修行歴があり、
最終の店では最上位で皆を束ねる立場だった人。
そんな彼が独立後に選んだ料理の道はこれ。





それを聞いたときは驚きましたねぇ。

以前のこと、「いつかは独立を考えているの?」と聞いた時、
彼は「いえいえ、私は誰かの元で片腕として働くのが好きなのです」
と語るような、板前の中でも真面目な漢でしたからね。
それが転身だもの。

叉焼代わりのローストビーフはボク好みな仕上げ、
でも、スープを飲んで分かることが。
ここのスープの味は日本料理の上質な椀でありまする。
その引き算、美味しかったです。



西川さん、また遊び(食べ)に行きましょう、、、



2018年2月3日土曜日

Craftsmanship

以前は大手百貨店の中の時計修理部にお願いしていたのだが、
その責任者の方がお亡くなりになり、受付窓口も閉鎖されてしまったのね。

責任者である第二精工舎出身の故S氏は腕が良くてねぇ、
時計のことを語らせたら喋りが止まらなかったのだ。
いちど骨董市で見っけた古い「SEIKO」を持ち込んだ時、
「うわぁー懐かしい、これは僕が入社したときに発売されたモノなんですよ」
といたく感動されてしまったことを思い出します。
もちろん完璧にオーバーホールしていただきました。

修理後に窓口に行くと、
「いつまでも大切に可愛がってやってね」
って、手渡される毎に言われたことも懐かしい。



先日の腕時計のメンテナンスなんだけど、、、

人づてに聞いた初めての時計店で初めての職人さんにお願いを。
なんとなく感じた憂慮な思いが、
三個持参のところを様子見で一個にしておいた。
(ミドーとハミルトンは次回しに)

ありゃ、、、


風防は枠に圧をかけて留めるのが正当なのだけど、
残念ながら接着剤で固定されてたのね。
前回の店では風防の内側に指紋がバッチリ付着だったし。

少し悲し。

友人のロレックスのオーバーホールの値段を知って驚いたけど、
それはそれは完璧に磨きをかけられ新品同様だったのだ。
さすが正規代理店ならではの仕事と。

こんなオモチャのようなブローバだもの、
そこそこでキチンとメンテができる職人が居ないものかなぁ。


誰か教えてくださいな。
おねげーしますよ。



2018年1月31日水曜日

Malizia

匂いで蘇る記憶ってあるんだよな。




アールデコかバウハウスな容器のメンズパヒュを購入する。
中身に残有り、左手親指と中指とで擦り合わす。

(おぅ・・・)

1940年代製のエロチックな薫香は、
際立つゼラニウムなフゼアタイプ、香りは扇動的でありまする。
大人を夢見る年ごろの子メンズたちが喜ぶ匂い、かな。



青臭い時代のあの匂いが鼻腔から蘇るような。

ああ、戻りテェ、、、1976、、、

2018年1月28日日曜日

DM

先週はあんなに降るとは思いませんでした。
おかげさんで、昨日も駐車場のカチカチに固まった雪の処理を。
融雪剤を撒くだけですけどネ。
ホームセンターで買った融雪剤より、
「赤穂の塩」の方が安上がりでよく溶けました。

豆助もお出かけだし地元の友人もお留守、
静かに自宅呑みな夜です。
安酒だけど、他社の同ランクより呑める「富士山麓」でしこたま酔って、
あとはいろんなモルトをチビチビ舐める。


バレンタインデーとホワイトデー向けDM配布。
今回はギフトボックスもヴァージョンアップで、
ハイパーセットの価格に生クリーム豆腐も一丁プラスされる気前良さ。
各限定50セットってことで。(2月1日より)

その愛が、成就されるの請け合いよん。



2018年1月27日土曜日

Sandbag



春日野ってヤツはヒドい野郎だね。
昔っから関取は男芸者などと揶揄されてきたけど、
春日野にしてみたら弟子は皆女郎みたいなもんで、
用済みになったら「投げ込み寺へ」ってな扱いだもの。

でくのぼう保子とアイスピック横野レイコはどこに逃げた。



それにしても師匠と弟子とはなんぞや。

相撲界に限らず、昔は料理界だってヒドかったもの。
仕事柄、配達や所用で厨房に入ると、
若い見習いが顔をボコボコにされて泣いている姿を何度見たことか。
カウンター越しにお客がいても、下駄でひっぱたいたり蹴りをぶっこんだり。
大卒の新人が、ずっと年下の中学出に泣かされていたりね。
それも理不尽な言いがかりでさ。
師匠自ら下した制裁で、逮捕された事件も記憶に新しいもの。 
師匠は「師匠と弟子は親子以上の絆だから」と言うけれど、
経験上、それを口にする師匠ほど信用ままならぬヤツが多いと思うなぁ。

いちばんあからさまなのは、弟子が独立するときとか、
世間的評価が弟子が親方を超えたときね。


今どき、そんなことでは良き人材は居つきませんって。

2018年1月24日水曜日

Celadon

当然、お風呂は毎日入ります。

熱めの風呂が好きでしたが、今は温めの長湯にしました。
必要以上の石鹸で洗うのも止めました。
(もちろんアソコとアソコとアソコらへんはキチンとネ)
シャンプーでの洗髪も毎日は止めて、
風呂後は無印のホホバオイルで全身トリートメントを。
中年以降の皮脂の取りすぎはいけませぬ。

おかげさんで、
冬の肌トラブルがまーーーったく無くなりました。







古伊万里(江戸期)の青磁茶碗や青磁の蕎麦猪口が好みなのだが、
品の良い美しい完品はなかなか見つからないのね。
有りそうで無いのである。

大阪の骨董屋さんで見っけ。
久々にボクのお目にかなった茶碗だもの、
その龍泉窯のような美しさに魅かれ購入する。

この茶碗には、きれいに炊き上がった白米が似合うような気がします。
ボクの為の神饌のような、ね!(フッ)


こーゆー茶碗なら、自ずと心して食すので、
まず食べ過ぎることはありません。
自ずと、、、
たぶん、、、

2018年1月23日火曜日

Tanmen

さすがに早仕舞いです。
豆助ととエキナカのラーメン屋さんへ。
成城石井の弁当とパン屋さんが大繁盛で棚が空っぽです。
大雪となると、人間は本能として食糧調達に走るみたいですね。

麻婆食って青椒肉絲食って肉入り野菜炒め食ってギョーザも食って、
ビールを飲んでタンメン飲んで、、、

ヘヘヘ、今日もボクらは元気です。




2018年1月21日日曜日

Daikan

メンテナンスに出していた時計を取りに車を走らせる。
田舎の小さな時計店で、たぶん80歳ぐらいのおじいちゃんが一人で営業。

「2-3日の内にやっておくからね」
とのことでしたので、一週間後の今日に。

扉を開けてその旨を伝えると、
おじいちゃんはあたふたとなる。
「えっ!」「なんだっけ?」「なになに?」「どんな時計?」
「あっ、まだ手を付けてないや」「どーしましょうかね」

(忘れられてたぁ)

まぁ急ぐことでもないので、
一週間後にまた来まーす。




帰り道、豆助からスマホに着信が。
「昼食でも食うか」ってこととなり、茅場町の「みかわ」で天婦羅を。

河豚の白子は好いねぇ、
でも巻や墨烏賊の美味いこと美味いこと。





豆助は天茶、ボクは天丼で〆る。

満腹満足で、ごっそさん。


「甘いモンも食いテェ」とワガママな豆助。
千疋屋を訪ねると階段下まで大行列だし、
けっきょく西銀座の「ウエスト」で落ち着く。
コーヒー+苺サンディと、豆助はエクレアで。






Heart & Hard

深夜に目覚めまた呑み始める。
「今日は日曜日だもん」

YouTubeで尾崎亜美の「Heart & Hard 時には強く時には優しく」なんぞ流しながら、
口ずさみ、気分は40年前の恋愛体質だった頃に戻ってさ。(ククク)

♬ 愛をさすらう旅路は きっとあなたが最後でしょう・・・♬

(たしか、いすゞジェミニのCMだったよーな)

酒よりそんな自分に酔ってますで。(ヘヘヘ)



横浜の骨董店にて、
昭和初期の日本陶器(ノリタケ)製フルーツ皿セットを購入。
無傷のデッドストックが¥3,500で、
柄は「鹿の子百合」でござごいます。

当時の庶民の食卓は瀬戸物が主流で、
こんなモダンな食器を使うは、お屋敷か最先端の文化住宅か同潤会アパートか。



Narae to right

最近、どこの飲食店でも「山崎」「白州」「イチローズモルト」「竹鶴」ばかり、、、
そして、どこの店でもジャパニーズウイスキーが品薄で困ってる。

なんでだろ?
昨夜の居酒屋さんも「山崎」の仕入れに四苦八苦していたけど、
どーしてジャパニーズに固執してるのかな。
たかがハイボールなのにさ。

適正価格で旨いスコッチがごまんとあるのになぁ。


2018年1月19日金曜日

New Golden Ball

街の中華食堂経営 のCさんが、この季節に毎年タクアンをくださる。
店で出す飯系メニューに付けるお新香用に、
大量に一年分を漬け込んでいるとのことで。


それがまさにボクの好みで、
甘味は無しで、塩強めのヌカの香りも強烈な田舎風なのね。
ボクはハモの骨切りよろしく皮一枚を残して切れ目を入れ、
食べやすい一口大の大きさにちぎって食べるのだ。
これなら噛む手間も少なく、ご飯とのマリアージュが楽しめるからね。

今宵は煎った大豆と少量の塩で味付けをした豆御飯で。






数年前に、岡持ちバイクの自爆事故で玉(睾丸)をひとつ失ってはいるけど、
中華食堂経営のCさん、御年80数歳でますますお元気。




2018年1月16日火曜日

Macintosh

新品種 な果実も好いけど、記憶のかなたにある味をまた食うのも愉し。
最近、林檎だけでも「国光」「印度」「ゴールデンデリシャス」で回顧ってみた。
今探しているのは苺の「ダナー」とか蜜柑の「柑子」、
あと柿の「百目」とかね。

まぁ、どーでもいい話ですけど、、、



食べてみたかったんだよな、この林檎を。
品種名が「McIntosh(マッキントッシュ)」なんだぜ。(日本名・旭)
明治時代にカナダから入った古い品種で、
アップル社のトレードマークの林檎はコレがモデルなのね。

北見のリンゴ園から取り寄せた。

赤い外皮に純白の果肉、小ぶりでサックサクな珍しい食感、
他種より芳香が際立っている。
Lサイズ8キロ(20個) 4,600円

2018年1月14日日曜日

Mido


安物アンティーク腕時計は独特の存在感があって好い。
だけどメンテナンスに費用が掛かってたまらんのよ。
明日もまた修理に持って行くのだけれど、
腕の確かな時計店も街から消えてしまってるのも困りモノなのだ。
以前お願いしていた時計店は代替わりしてしまい、アンティークは無理らしい。
たまたまマニアックな店主のいる時計店を教えてもらいましたので行ってみますが、、、


最近、次女がアナログカメラに興味があるらしく、
ボクの古いカメラを持ち出しカメラ屋さんにフィルムを買いに行くと、
「壊しても責任は取れないので」と、
店員さんは一切カメラには触らなかったらしい。
おもちゃのような、ただの1950年代のトイカメラなのに。
フィルムの入れ方ぐらい教えてやればいいのにさ、
「(フィルムの入れ方なら)YouTubeにありますからそれを見て」だったと。


ヴィンテージのアメリカンオプティカルのメガネフレームの時もそうだった。
レンズを入れに行ったチェーン店では、
「古い物は破損の恐れがありますので、うちでは出来ません」で一蹴された。
後々、町場の眼鏡屋さんでは難なく出来たけどね。



その道の面白い職人がいなくなってるぞ。



2018年1月12日金曜日

FELIX

ハリスもコリスもガムは噛んで捨てるもの。
ところがコレだけは噛んで食べてしまってた。

子供の頃の話だけど。

今でも呑みこんでしまいたい衝動に駆られます。


びぃよーんと伸びますよ、大ちゃんが。

Cold night

連休が明けて、いつものペースにやっと戻りました。
年々、生活のリズムを戻すのにも時間が掛かります。

ちょっと風邪気味ですから精をつけに。


久々に地元呑みな夜。

「なぜこんな場所で!」って感じの川畔の小さな鰻屋さんに。
カウンター7席だけで、
約40年も前からの営業らしいが、「食べログ」にも載ってない。
ボク自身、むかしからその存在は知っていたけど、
「どうせ・・・・・・・」と高をくくって訪ねることもなかった。

たまたま今日、、、

昭和な風情も好いじゃないですか、、、

古いけど磨き上げられた厨房に安心し、
店主の風貌にも疑心暗鬼が解かれました。
呑むほどに和みます。
鰻の前のアテ、焼き鳥も漬物も真っ当に旨いし、
今は無き「多聞酒造」の徳利の熱燗に身体も精神も蕩けてしまいます。
鰻は値段(二千円台だぜ)以上の大きさで、
飯も鰻に合わせ直前に圧力釜で炊いてくれるのね。

店内のTVでは西村晃の「水戸黄門」で、(BS?)
それに見入る常連らしきおじいちゃんがひとり、、、

なんか愉しい冬の夜。